月別アーカイブ: 2013年11月

転写用湯呑み新発売!

転写用湯呑みと360度全周印刷用クランプ新発売!

yunomi001

(株)サンリュウは「マグカップだけではお年寄りの需要に応えられない。転写用の湯呑みが欲しい」という以前からの要望に応える転写用湯呑みと360度全周印刷用クランプ(特許申請済)を開発したという。

teacupclamp

外径約76mmのストレートな形状の湯呑みの側面全周に画像を転写出来る。巻き付けた転写紙の重なり部分は、転写紙の厚み分だけは持ち上がって白い筋が入るが、十分な品質と判断している。昇華転写で非常に綺麗な転写が可能という。

転写用の湯呑みは36個入り 7,200円(200円/個)湯呑み用クランプは8,500円/個。価格は税抜。

なお、開発技術をもとに、マグカップ用クランプも作製。マグカップの寸法ばらつきがあっても、側面の広い範囲に、安定した転写ができる。又、特種サイズ、特種形状のカップ用クランプの作製も請け負う。

関連:写真で詳しく紹介→ 転写用湯呑みと新型クランプ

 

転写用湯呑みと新型クランプ

新商品: マグカップ転写用の湯呑み、紹介。今回はサンプル写真による紹介です。(各画像はクリックで拡大されます)

昇華転写だから非常に綺麗に転写されています。

yunomi001

360度全周印刷用の転写用クランプ

teacupclamp

(特許申請済) と合わせて使用します。

yunomi002

※左の猫はマグカップです。右の2つが湯呑みです。ペット写真の湯呑など需要がありそうですよね。

yunomi006周囲はこんな感じ。

yunomi003

外径約76mmのストレートな湯のみの側面全周に画像を転写出来ます。(※写真の都合で上が広く見えますがストレートな湯呑みです)

yunomi004

この写真と下の写真は、巻き付けた転写紙の重なり部分を示しています。転写紙の厚み分だけは持ち上がって白い筋が入りますが、十分な品質と思います。

yunomi007

転写紙重なり部分のアップ。

yunomi008

富士山のデザイン。

yunomi010

勇壮ですね。

yunomi009

富士山とロゴ入り。

yunomi011

転写紙重なり部分のアップ。

yunomi013

また別のデザイン。

yunomi012

雅な感じですね。

yunomi014

ちょっとお魚のような。

yunomi015

重なり部分です。

yunomi016102

転写紙重なり部分のアップ。

重なりが目立たないデザインを工夫するとベターでしょうか。

関連ページ: 転写用マグカップと新型クランプ

DW使用例:Marks Work Wearhouse

卓上広告 デスクウインド使用例:カナダの衣料品販売ウェアハウス Mark’s Work Wearhouse にデスクウインドが導入されました。全カナダの店舗に導入とのことです。(twitterより転載)

インスタント証明写真の広告でしょうか。

marksworkwearhousefw

6枚で4.95ユーロとありますね。

webサイトを見ると郊外の大型衣料品販売店チェーンのようです。

webサイト→ http://www.marks.com/webapp/wcs/stores/servlet/en/marks

床広告FW コンビニへ6

フロアウインドの使用例、第六回:B-Line設置編2。コンビニエンスストアで使うと例えばこんな感じです、というレポートです。小売店舗のフロアー空間で使用の参考にもなると思います。

社員の知り合いのオーナーさんのコンビニに、床広告フロアウインドとB-Line(ビーライン)を使用し、埼玉の地酒応援などのポスターを提供させていただきました。その時の写真です。

前回 に続き、今回は、コンビニ店内に設置した床広告B-Line(ビーライン)の写真、その2です。(各画像はクリックで拡大されます)

fwcobentobline

お弁当コーナーにも設置してみました。床広告B-Lineは、通常の床広告フロアウインドよりも狭いスペースに設置可能なところがメリットです。床付近が少し奥まっている部分へも入れ込むことが可能です。また、( ↓ このように) 並べて配置することも可能です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

B-Lineを4枚並べて配置。

お弁当コーナーには「今週のお得商品」マークはないようでしたが、とりあえず床広告を設置した場合の見栄えの確認をしました。ここにはお弁当や紙パックジュース関連のポスターを設置したらいいかもしれないですね。通常、売り場のコーナー名は天井付近にあったりしますが、床広告B-Lineを使って床面付近に「ここはお弁当コーナーです」「ここはドリンクコーナーです」などとあれば、小さなお子様にも分かりやすい店舗にできるかもしれないですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

角度を変えて。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAこだわり麺。そして、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こだわり麺工房。食べてみたくなる名前です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その右にはおむすび、お弁当が。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お弁当。新商品のPOPがあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エビ載ってるチャーハンとカツカレー?が見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

金芽米おむすび というPOPが。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お茶。毎日食べたい丼ごはん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

床広告を低い角度から。奥にとうもろこしが見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

各種お弁当勢ぞろい。

大型紙パックジュースコーナー付近にもB-Lineを3枚並べて配置してみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

角度を変えて。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

床には映り込みがありますが、この角度だとB-Lineに映り込みがないですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

例えば床広告に、ライチ水のポスターを入れたらどうでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

少し離れた場所から。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コーヒーやジュースの床広告もよさそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「飲みごたえのあるカフェオレです!」とか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

B-Lineは連続して、繋がるように配置できるのがいいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もちろんB-Line1つでも。栄養ドリンクコーナーにて。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

角度を変えて。

とりあえずこれで床広告FW コンビニへ シリーズは終了です。

床広告FW コンビニへ5

フロアウインドの使用例、第五回:B-Line設置編1。コンビニエンスストアで使うと例えばこんな感じです、というレポートです。小売店舗のフロアー空間で使用の参考にもなると思います。

社員の知り合いのオーナーさんのコンビニに、床広告フロアウインドとB-Line(ビーライン)を使用し、埼玉の地酒応援などのポスターを提供させていただきました。その時の写真です。

前回 はフロアウインドA4x4でした。今回は、コンビニ店内に設置した床広告B-Line(ビーライン)の写真です。第一回 の時は既製品でしたが、今回は新しくデザインしたポスターが入れてあります。これがそのB-Lineです。

fwco004bline

(各画像はクリックで拡大されます)

今回B-Lineに入れたポスターは…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「今週のお得商品」デザインです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

角度を変えて撮影。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドリンクコーナー左へも設置。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

B-Lineを4枚並べて配置。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

右側から撮影。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

B-Lineの透明カバーには光沢があるので撮影角度により反射する部分が変わります。上の写真と比べてみてください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

少し離れるとこのように見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

近づいてゆくとこんな感じ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

床広告を右下の方へ眺めてゆく。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どれがお得なんだろう?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドリンクがうまそうに並んでます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でも「今週のお得商品」マーク…ない?

fwcotoku001

いや、 ↑ ありました。

fwcotoku002

ここにも ↑ 。

第一回 などにアップの写真がありました。

fwco000

一部を再掲載します。

fwco004

「今週のお得商品:今お得マーク」は対象商品を変えながら継続してキャンペーンを行ってるようですね。

fwcotoku003

2個でお得キャンペーンもやってました。

次回は、お弁当コーナーなどへも設置してみます。

床広告FW コンビニへ4

フロアウインドの使用例、第四回:FW設置編2。コンビニエンスストアで使うと例えばこんな感じです、というレポートです。小売店舗のフロアー空間で使用の参考にもなると思います。

社員の知り合いのオーナーさんのコンビニに、床広告フロアウインドとB-Line(ビーライン)を使用し、埼玉の地酒応援などのポスターを提供させていただきました。その時の写真です。

fwco307

前回床広告をコンビニ店内に設置し、 その後1ヶ月弱が経過しました。今回は、床広告を掃除したり、埼玉の地酒応援ポスターのアップを撮ったりしました。(各画像はクリックで拡大されます)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このお酒コーナー下に床広告を設置。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

設置後、1ヶ月弱が経過しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ポスターのアップ。左側。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

酒瓶写真のある、右側のアップ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上側。コンビニのマーク。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

少し表面は ↑ ざらざらしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ポスターにも使用している 埼玉県のマスコット「コバトン」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

申請すると使用させてもらえます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

目視では特に汚れているようには見えない状態でしたが、キムワイプに洗浄用のアルコールを付けて拭いたところけっこう汚れていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに床面はかなり光沢があり、光が反射しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちょっと鏡のように物が写るほどピカピカですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

床広告フロアウインドA4x4での埼玉の地酒応援ポスター設置のレポートはこれで終了です。

まだ、床広告B-Line(ビーライン)用の新規ポスター設置の件があるので 床広告FW コンビニへ はもう少し続きます。次回はB-Lineを設置します。