月別アーカイブ: 2015年6月

当社の新人採用と育成姿勢

現在(2015.6.17)、営業事務職を1名募集中です。応募を検討される方のために、過去の新人の入社後の状況を記してみます。

jobmeeting0s1

2013年8月に会社見学会を実施した上で採用した高卒女子2名は、1名が辞めました。「高卒は未成年者であり、育成には会社側に責任がある」との考えからすると、私どもの力不足を痛感します。残った1名は、技術課の研究開発助手として活躍しています。近々発表予定の「顔料画像非加熱転写技術」の改良には、多大な貢献をしてくれています。

技術志望の大学卒業予定者就職面接会で採用を決めた女子1名と、ポリテクセンター埼玉卒業生男子1名は、今年の4月に入社し、それぞれ半年間の研修の真っ最中です。女子は中国国籍なので、既に中国企業との貿易交信の一部を担当してくれています。本業の技術では、開発アイディアも出し始めました。男子1名は、担当技術範囲を広げるため、協力印刷会社の現場に2週間出向して、様々なことを学んでいるところです。二人の10月からの本格的な活躍が楽しみです。

recruit005

当社では、入社後3か月間が試用期間です。期間満了前に、何度でも、本採用すべき(されるべき)かどうか、新人と打ち合わせを繰り返します。新人側から言えば、間違って入ってしまうと、結局後で辞めることになり、損をするからです。前の会社の過去の実績は、次に会社で評価対象になりません。それを恐れて居残っても、ストレスを抱えて生活することになり、人生の大きな価値を失うでしょう。

lunchparty (3)

だから、会社の責任は重大です。今月末には、慎重に丁寧に説明をして、私どもの企業文化が合うかどうか、楽しく働けそうか判断をしてもらう予定です。


マグカップを植木鉢に2

前回の マグカップを植木鉢に の続きです。(画像はクリックで拡大されます)昇華転写で萌えキャラの植木鉢はどうか? を検討してみました。まずは、植物っぽい萌えキャラを用意…と思ったのですがあまり萌えキャラっぽい画像を用意できませんでした。

green020萌えキャラだったとして、とイメージください

green003

植物っぽい感じではあります

green002

白地の昇華転写マグカップに転写

green019

これにサボテンや多肉植物などを入れるとどんな感じになるか?

green018※裏側に植物入れた別マグカップを配置し撮影

green017どうでしょうか

green016植物と絵が同じような印象かも

green015

もっと絵に個性が薄いか、

green014逆に個性が強いかした方がいいのかも

sublimationmugcupflower006

普通のマグカップとしてデザインを印刷し、植木鉢にしたものと比較

potflower012植物と関係がある絵の方が合うんでしょうか

green009

個性のある萌え絵で、植物とは関係のある場所とか?

green008

背景に土や公園とか山とか?


green007今度は小さいサボテンを入れてみました

green013中に段ボールを入れて上げ底に

green012上げ底を少し低く

green006サボテンは濃い緑でした

green005

色が被らない方がいいのですかね?

green010ちょっと緑が濃すぎた印刷バージョンとサボテンで

green011どうでしょうか

green004やはり色が被りすぎない方がいいでしょうか

つまり、萌えキャラで昇華転写マグカップを作り、多肉植物など用の植木鉢にする場合は、植物にこだわりすぎず、でも少し関連するシチュエーションの背景を使う、ぐらいがいいということでしょうか。

あまりまとまりませんでしたが、昇華転写マグを植木鉢にするというのも、ありだと思いました。萌え植木鉢にも。

植木鉢としての場合でも、マグカップ同様に、記念写真でも、家族やペットの写真でもイラストでも、好きな画像を使えオリジナルのものが作れるところがやはりポイントでしょうか。


90cm幅の大判セラミックトナー出力サービス

(株)サンリュウは、セラミックトナーを使用した大型レーザープリンタによる、90cm幅のフルカラー出力サービスを始めます。

ceramiclargetile03

セラミックトナー大判長尺レーザープリンタ

レーザープリンタのサイズ制限により、今までは最大でA3サイズのものしか出力できませんでした。新型の大型レーザープリンタシステムを構築することで、大判印刷が可能になりました。

ceramiclargetile01大判用レーザープリンタで作成の大型タイル(90cm x 2m等も作成可能)

1m幅のロール紙を使用。最大印刷幅は90cm。最大印刷長さに特に制限無しです。但し、その後の焼成処理に使う焼成炉のサイズなどを考慮する必要があります。最低発注単位は1m長さから。ガラスや陶磁器、琺瑯板(ホーロー看板)などに、従来のセラミックトナーで使えるものは基本的に対応可能です。

Redset

セラミックトナー出力画像は、屋外で超長期耐候性が期待でき、建材として使用可能なほどです。もちろん、10年以上の耐久性を求められる公園や各種屋外施設に設置される陶板の製作も可能になります。詳細はお問い合わせ下さい。


いかり共同作業所のご紹介

株式会社サンリュウの『セラミックトナー転写システム』を導入している社会福祉施設・いかり共同作業所。今回、導入後の様子や作業風景、今後の目標を聞くことができたのでご紹介します。


いかり共同作業所 とは兵庫県神戸市にある、社会福祉法人いかりが運営する障がいを持つ方々のための就労支援作業所です。現在、地域を中心としたお弁当の配食や紙すき製品、※ポーセラーツ(セラミックトナー転写)、その他下請け作業を行って、地域に根差した作業所として活動しています。現在の利用者は37名。それぞれ知的障がいや身体障がい、精神障がいを持っているそうです。

作業現場の雰囲気はよく、セラミックトナー転写は少し難しいところもありますが、職員と利用者が一緒になって頑張っているそうです。奥が深いポーセラーツ。みなさん、楽しみを覚えながら仕事をしているとのこと。
ikwkp01ワークショップ


そんないかり作業所の一押し事業は、ポーセラーツのNigaoシリーズ。

いかりマークやマリン帽、港町神戸をイメージしたモチーフを土台に、顔パーツを印刷した転写紙を利用者たちが思い思いに貼り、カップに顔をつけてキャラクターカップのようなものを作っています。
ikwkp01ワークショップ2その他にも、規制の転写紙で花柄やかわいい動物の絵柄、お菓子の絵柄などで様々なオリジナル食器を作ることができます。

ikwkp01商品例商品例

神戸市内の雑貨屋で、Nigaoシリーズの食器を購入することも可能です。また、定期的にポーセラーツワークショップも開催しているので、興味を持たれた方は問い合わせみてはいかがでしょうか。

詳しくはNigaoホームページへ→ http://www.nigao.info/


当社のセラミックトナーシステムについても聞いてみました。 いかり共同作業所は、既製転写紙を購入していた会社からの紹介がきっかけでセラミックトナーシステムを知ったそうです。カラーで写真などを転写紙に加工できるところに興味を持ち、サンリュウに問い合わせてくれました。他社よりも価格が安く、社員の対応が迅速で安心できたことが、購入の決め手になったと教えていただけました。

システムを導入してからは、2つの点で変化を感じているそうです。
1つめは、モノクロでしか加工できなかった写真などの転写印刷ができるようになったこと。
2つめは、重ね貼りなどの工程が短縮されることで、利用者の皆さんの作業がしやすくなったこと。

ikwkp01転写作業転写作業

作業性の向上を感じていただけたのは、当社としても大変うれしいことです。

導入前は、フォトショップなどを使用するため、高度な技術が必要かと考えていたそうです。実際には、写真や絵のデータがあればすぐに転写紙にプリントができて、想像よりも簡単だったとおっしゃっていました。

今後は、セラミックトナーで利用者が描いたカラーイラストを使用したマグカップ製品を制作し、販売を考えているそうです。さらに利用者の給料をアップも目標とのこと。そのために、商業施設への営業や新商品作りに励んでいくそうです。

いかり共同作業所のさらなる活躍のため、(株)サンリュウ も協力していきます。

食器等への絵付け作業の下請けをお探しの企業の方、ぜひ、いかり共同作業所へ頼んでみませんか?

→ 株式会社サンリュウ 問い合わせフォームへ

※ ポーセラーツ(日本ヴォーグ社・商標登録)
決められたデザインなどにしばられず、白い陶磁器に好みの色や柄の模様の絵付けを転写紙で行い、オリジナルのテーブルウェアを製作するハンドクラフトのこと。ポーセラーツはポーセリン(磁器)とアート(芸術)を組み合わせた造語で、日本ヴォーグ社が平成10年5月に発表しています。