NF-4850シリーズ

旧sanryu_jpサイト記事(2008~2009)です。 ※情報は変更になっていることもあります。

製品概要

Tシャツ生産に最適な、性能と速度を持つ小型フラットベッドプリンタ

標準型NF-4853 専用台装着(別売)タイプ

 

濃色地への印刷サンプル

NF-4000、NF-4800シリーズの後継機として、従来と互換性を保ちながらプリント性能を向上させたフラットベットインクジェットプリンタ(ピエゾ方式)です。

近い将来のスクリーン印刷業界へのフラットベッドインクジェットプリンタ拡販までを見据えて、搬送機構を更に改良し、サーボモータ制御を採用することで、精度、速度、搬送可能重量などを向上させました。

濃色地Tシャツ印刷時に求められる、白インク等の二回刷りも高速に位置ずれなく行えます。

NF-4850の完成度の高さはハードだけではありません。標準添付のRIPソフトウェアの性能の高さも、NFシリーズのトータル完成度が高い理由です。

標準搭載RIPのPosterPrintは、オレンジやブルー、スポットカラーなどを加えた8色印刷までサポートし、様々な印刷条件に対応できるカスタマイズ性を持つ高性能ソフトウェアRIPです。

さらに上位バージョンであるTexPrint(オプション)を選べば、強調させたい特定色インクを二個以上搭載しての重ね刷り(最大300%まで)や、濃色素材への印刷時に特定箇所へ、CMYKと同時に白インクによる白印刷が可能になり、さらなる白さと高速性を得る事が可能になります。

さらに強調したいのが、当社の総合技術サポート力。RIPを用いての色合わせ、前処理コーティング、堅牢度アップのオーバーコート、乾燥硬化システム、市場に無かったインクや印刷素材開発など、お客様をトータルサポートします。

Tシャツ生産だけではない、小型フラットベッドプリンターの魅力

NF-4853用吸着治具(別売)

NF-4850シリーズ印刷対象はTシャツだけではありません。治具を簡単に交換できる汎用性を用いて、様々な素材に素早く正確に印刷が可能です。例えば、ノベルティーグッズの少量製造依頼や曲面へのフルカラー画像印刷など、スクリーン印刷やタンポ印刷などが苦手とする、厳密な位置合わせが必要な印刷を、無版印刷の特徴を生かして必要量を素早く 印刷できます。

また、その利便性から商品開発の為のサンプル作りなどにも利用されています。グラフィックソフトで作った画像を素早く印刷できるので、商品開発の時間を短縮できたとの評価を頂いています。

 

Tシャツ(白地)印刷の全手順

1.素材準備

印刷する綿Tシャツ素材の準備を行います。熱処理機で軽くプレスします。

2.前処理剤の塗布

インクの発色を良好にする為、前処理剤を塗布します。市販されているスプレー装置を使って均一に綿Tシャツの印刷したい箇所へ塗布します。白インクを印刷する時は必ず行う必要があります。

3.前処理剤の熱処理

塗布したを熱処理機でプレスして前処理剤の水分を飛ばします。

4.Tシャツを治具にセットします。

前処理が終わったTシャツを治具にセットします。セット時にシワや浮き上がりがないように軽くテンションをかけます。

5.セットボタンを押す

セットボタンを押してプリンタに素材を認識させます。

6.RIP操作

付属RIPのPosterPrintから印刷命令を行います。画像はEPSやTIFFなどで作成した画像データが使用できます。

7.印刷

素材にダイレクト印刷します。印刷時間は400x600mmの場合、セットボタンを押してから終わるまで約6分です。

8.仮乾燥

ドライヤー等で仮乾燥を行います。印刷直後はインクが乾燥していません。

9.後処理として熱処理

印刷が終わったTシャツを熱処理機にセットして熱プレスします。※1

完成

洗濯してもプリントが落ちないTシャツのできあがりです。

※1温度条件について

素材毎に最適熱処理条件は変わります。

ラインナップ

NF-4853

標準型モデル。最大8色(8スロット)印刷が可能(CMYK+白4スロットなど)。治具が横40cm×縦60cm、又は横40cm×縦26cm×2つ、に変更できる治具の標準で付いています。専用RIP(PosterPrint)が添付。

NF-4852

NF-4853のプリントユニットスペックはそのままで、標準添付の治具が、横40cm×縦55cmなります。専用RIP(PosterPrint)が添付。

NF-4851

NF-4853のプリントユニットスペックはそのままで、標準添付の治具が、横40cm×縦40cmなります。専用RIP(PosterPrint)が添付。

NF-4451※1

NF-4851の使える色数が4色(4スロット)になります。8ヘッドスロットを4色で使うので印刷が速くなります。専用RIP(PosterPrint)は付属していません

※1プリンタ制御について

NF-4451は、プリンタ制御に専用RIPを使わずに汎用プリンタドライバを使います。

オプション

NF-4850シリーズ用「専用台」

プリンタを床に直置きする場合、印刷テーブルの高さが作業しやすい高さになります。

RIP上位バージョン「TexPrint」

インクスロット2つ使い、使用インク量を2倍にしたり、厳密なカラーマッチング機能を利用する事が可能になります。

各種治具

印刷したい素材に対応した治具をカスタム作成します。

 

仕様

印刷面積※1

最大幅 42cm×最大長さ60cm (NF-4853)
最大幅 42cm×最大長さ50cm (NF-4852)
最大幅 42cm×最大長さ40cm (NF-4851/NF-4451)

Tシャツ治具装着時最大印刷面積

40cm×60cm (NF-4853)

印刷速度(実用モード)

A3相当(Tシャツ1枚セット)出力:約3分46秒
A2相当(Tシャツ2枚セット)出力:約6分2秒

解像度

最大 2880dpi(NF-4850シリーズ)
最大 2880x1440dpi(NF-4450シリーズ)
実用モード 1440x720dpi,720x720dpi,720x360dpi

セット可能メディア高

NF-4853/4852 最大6cm(セットには治具の高さを含んでください※2

対応色数

最大8色印刷可能
4色印刷+白印刷

対応インク※3

捺染顔料(レジンインクHeatset)
昇華染料(HANAE-D)
反応染料(HANAE-R)
酸性染料(HANAE-A)
水性顔料(Pig-1)
水性染料(Dye-1)

付属RIP※4

PosterPrint(NF-4850シリーズのみ)

RIP動作環境(最低動作スペック )

CPU : Pentium IV, 2.6 GHz
Memory : 1GB (WindowsVistaパソコンの場合2GB)
Hard disk : 40 GB free disk space
OS : Windows 2000sp4, Windows XPsp1以上

主な印刷メディア※5

綿素材、ポリエステル素材、木、皮、不織布、紙、フィルム、板ガラス、コーティング済みの各種素材

※1 最大長について

ご要望により、さらに長い機種も制作可能です。

※2 高さについて

例:セットに使用する治具の高さが2cmの場合、セット可能メディアは4cmになります。

※3 インク使用について

NFシリーズは頻繁なインク交換でのご使用は推奨していません。どれか1種類のインクを選んで頂いて使用することになります。

※4 PosterPrintの付属について

NF-4451はオプションになります。

※5 印刷条件について

素材毎に応じたインク、装置が必要になります。

 

FAQ

Q1.価格は?

A1. sanryu.comを参照ください。

Q2.マッキントッシュで動かせますか?

A2.動かせません。RIPを動作させるWindowsPCが1台必要になります。

Q3.綿Tシャツの洗濯堅牢度は?

A3.4-5級です。条件等の詳細は弊社へ問い合わせください。

Q4.印刷デモを見る事はできますか?

A4.展示会や弊社にてデモ印刷を行っています(要予約)。お気軽にお問い合わせください。

Q5.素材を持ち込んでテストできますか?

A5.テスト可能です。ただし、事前にご相談ください。

Q6.印刷サンプルは貰えますか?

A6.用意できます。ただし印刷サンプルを常時準備していませんのでお時間を頂きます。また内容によっては有料となります。

Q7.印刷可能素材は?

A7.印刷方法により様々な素材に印刷できます。是非お問い合わせください。

Q8.2回刷り時の位置合わせ精度は?

A8.ほぼ同じ位置から印刷できます。