カテゴリー別アーカイブ: SublimationTransfer

新商品「転写紙 Super Light」

高品質・低価格な新商品「昇華転写紙 Super Light(スーパーライト)」が登場!

largesublimationtransferpaperroll
この度、サンリュウの昇華転写紙に新商品「転写紙 Super Light」が加わります。

転写紙 Super Lightはサンリュウ転写紙の中で過去最高の転写率ながら、最も安価な転写紙です。

転写紙の厚みが薄いので、厚い紙と比較した場合に次のような特徴があります。

1)ヒーターの熱が布素材にまで素早く伝導する。
2)連続送りのさいに転写紙がヒーターから奪って行く熱量が減少。

これによって、転写速度を早めることが可能になりました。

さらに、 Super Lightは、1種類で様々な仕事に対応が可能です。

今まではコスト、画像、素材、求められる品質レベルなどの条件に合わせて転写紙を変える必要があったと思います。例えば、波打ちが出る場合にはより厚手の転写紙への変更が必須でした。
しかし、一部プリンタ(問い合わせ確認要)において、この点で改良が見られます。
これにより、業態によっては高品質・低価格な昇華転写紙 Super Light の1種類で仕事をこなすこともできるようになってきました。

作業効率UPと在庫の削減に転写紙 Super Lightは貢献できます。

また、多彩なラインナップで紙幅は1118幅~3200mm幅まで対応。高速プリンタやアパレル業界向けにジャンボロールでの提供も可能です。

ジャンボロールの一例

largesublimationtransferpaperroll

転写紙Super Lightについてより詳しい情報は、株式会社サンリュウまでお問い合わせください。

株式会社サンリュウ
TEL 048-446-6786

 


 

転写紙~幅広3.2m幅まで

akaioffice004

「幅広1900mm~3200mmの昇華転写紙もご用意できます」

積極的な広報はしていませんでしたが、お客様の方から私ども(株)サンリュウを探し出して取扱いがあるか、問い合わせを頂くことが増えています。幅広1900mm~3200mmの転写紙です。これらのお客様は、サンプル品質確認の上で、その後、当社商品のご購入を続けて下さっています。高速・幅広プリンタの市場への浸透が進んでいるのを感じさせられます。

どの会社の転写紙を仕入れて使用するかは、印刷現場にとって、大きな判断でしょう。広幅になるほど面積が大きい分、印刷から転写完了までの各工程での不具合発生確率が高まるからです。印刷が高速になるほど、ランニング中の不具合は、不良品の発生量を増やしてしまいます。

通常は問題無く流れても、ある時期の商品、あるロットの商品品質間にばらつきがあれば、年間を通じて考えた場合には、その商品選択が正しかったかどうか疑問が出てきます。価格が安ければその分だけの短期利益は出せますが、発生する品質問題は長期的には顧客からの信用を失墜させます。この意味では、高いレベルの品質管理が出来る会社の商品を採用するべきでしょう。

当社は、他社に先駆けて、分散染料インクを使ってのインクジェット直接印刷技術を18年前に紹介し、16年前からは昇華印刷用転写紙を発売しています。その後一貫して同じメーカーの転写紙を扱い続けています。品質と価格を合わせた高い競争力を持ち、時期に拠っての品質ばらつきの少ない商品と、お客様からの信頼が得られているからです。

1900mm、2570mm、3200mmという様々な幅広転写紙への需要にも応えられる広範囲な商品ラインアップも誇りです。転写紙、インク、色合わせのプロファイル作成など、昇華転写に関するお問い合わせをお待ちしています。

 

この記事は2016.5月現在の情報です。

 


 

米フロリダで天然の耐候性試験実施

Decoral System社は全ての国際規格を満たすべく、コーティング剤と最終品である昇華転写板の屋外耐候性をチェックするため、亜熱帯性気候である米国フロリダ州で天然の耐候性試験を行っています。

decoral-florida-test-02

Decoral社は毎年1500ものサンプルを、マイアミにあるアトラス耐候性試験所に送り、耐候性テストを行います。アトラス耐候性試験所はマイアミでの、天然の耐候性試験ができる機関です。西暦2000年以降、通算で20000以上ものDecoral社製サンプルが、ここフロリダでテストされました。

その公式の耐候性テストは、ISO 2810: 2004 規格に基き行われています。サンプルは、水平レベルから5°の角度で南向きに設置されます。この角度にすることで日射による最も厳しい太陽光の放射を12ヶ月間浴びることになります。

Decoral社は、さらに自社商品の耐候性の限界を探るため、24ヶ月…36ヶ月…60ヶ月と、もっと長い期間についてのチェックも行っています。
備考:実際の建物では通常、アルミにコーティングして作成されている窓、ドア、その他の建築資材は、水平レベルに対して90°の角度で(厳しい5°の角度ではなく)設置されます。また、他のエリアの日差しは亜熱帯性気候であるフロリダよりも通常は弱いと考えられます。Decoral社は、自社商品の耐候性を厳しくテストしています。

以前、マーキングマジック社から屋外での耐候性を保証して販売されていた商品-デジタル昇華転写鋼板がありました。Decoral社のシステムがヨーロッパで保証している5年はそれ以上に長い保証期間になります。

マーキングマジック社の塗装板は現在は入手できないようですが、真空転写装置をお持ちで、同様なデジタル昇華転写鋼板の仕事を再開したい業者様、ぜひ(株)サンリュウまでお問い合わせください。

 

関連情報: Decoral System社カタログ


 

 

昇華転写用写真立て

(株)サンリュウで販売予定の昇華転写用の写真立て(フォトフレーム) とその印刷テストサンプルです。(画像はクリックで拡大されます)

photoplate017

ガラス製で、昇華転写用のコーティング付

photoplate018

周辺がミラーになっているタイプも

photoplate016

フォトフレームと言いつつ、画像を本体に昇華転写するタイプで大きさは3種類

photoplate015

印刷前は白に薄黄緑が混じったような色

photoplate004

転写すると表側に濃い画像が

photoplate013

転写は裏側から行います

photoplate014r

転写時は、自立用スタンドを外して昇華転写(ねじ留式でガラス部分だけに分離)

photoplate002

非常に綺麗に転写されます

photoplate011

周辺がミラーになっているタイプ

photoplate006

こちらは、犬の画像を転写したものよりも少し大型です

photoplate007

左上部分、ミラーに指が写ってます

photoplate009

自立用スタンド部分

photoplate010

上側のアップ

photoplate016

後ろが一番大きなタイプで自立用スタンドは両サイドに2つ

その他の写真

photoplate001

銀塩写真を立てるスタンドではなくて…

photoplate005

スタンドそのものに画像を昇華転写する写真立てです

photoplate012

ペットが亡くなった後もずっと一緒に…

photoplate006

各種写真画像や好みのオリジナルイラストでも…

photoplate003同人誌などのプレミア販促グッズにも


耐光性テスト:Decoralデジタル印刷用塗装板

2015/9/30から開始した、耐光性テストの経過をお知らせします。

比較物は、1. イタリアDecoral社のデジタル印刷用塗装板(静電塗装用パウダー塗料使用の塗装板) と、

dcolorcheck001

2. 昇華転写用塗装板 として世界的に有名な某メーカーの板材 です。この某メーカーの板材は、記念盾、壁掛け時計、写真フレームなど、様々なものが紹介されています。

dcolorcheck002

比較に使用した画像は、2枚とも某メーカー標準のインクジェット用昇華インク/通常の転写紙を使用し、昇華転写で形成しました。つまり塗装板以外は同一条件で作成されています。
濃度が高いと退色差が出るのに時間がかかるので、結果を早く知るため、画像を薄めの色で作りました。当社の2階手摺に上を向けて貼りました。今日は2015年11月16日ですから、約1.5か月経過です。

dcolorcheck001

Decoral社のデジタル印刷用塗装板

皆様のディスプレイ上でも、画像の右上にあるグレー色の退色差は確認できると思います。色相が違って来ています。

dcolorcheck002

某メーカーの昇華転写用塗装板

グレー色を含め、色の多くは、黒色だけでなく、CMYの3色も混ざって作られます。CMYK4色の耐光性は、同じではありません。ですから、早く退色する色から薄くなり、時間経過とともに、色相が変化します。写真のグレー色は、某メーカーの板材のものは、M系の色が飛んでいるようです。

dcolorcheck003

文字部分もよく見ると某メーカーの方は、ぼやけてきているように見えます。

dcolorcheck004

一番下の「あ」の拡大図

Decoral社が訴える、塗料の高い耐光性能は、本物のようですね。耐光性テストは、このまま続けてみます。機会を見て、又報告します。

decoralsystem0004

イタリアDecoral社のデジタル印刷関連情報:

Decoral System社カタログ

昇華転写で屋外5年保証Decoral System輸入総代理


Decoral System社カタログ

Decoral System社は、グループ会社から独立し1973年に設立されました。

(画像はクリックで拡大されます)

decoralsystem0005

Decoral熱転写システムを開発しパテントを取りました。

decoralsystem0006

現在Decoral System社は、熱転写200℃で変形しない素材の分野で世界トップレベルの会社になりました。コーティングパウダー、熱転写フィルム、技術ノウハウと機材の製造と販売に特化した企業です。

decoralsystem0007

創造的な商品を開発する国際企業として何度も表彰していただいております。

decoralsystem0008

金属への加工(ペン入れへ写真画像転写、小箱/小物入れへ模様転写、タイヤホイールへ模様転写)

decoralsystem0009

金属への加工(自転車フレームへ模様転写、金属看板へデジタル写真画像転写、金属棚へ写真画像転写、金属看板へイラスト画像転写)

decoralsystem0010

金属への加工(大型金属ボックスへ木目画像転写、金属時計フレームへ木目画像転写、金属製屋外公園ポールへ木目画像転写、金属製テーブルベンチへ木目画像転写)

decoralsystem0011

硝子への加工(ガラス花瓶へ模様転写、ガラス瓶へ模様転写、ガラス瓶へ光沢金色転写)

decoralsystem0012

その他への加工(セラミックへ写真画像転写、MDF成型板(ファイバーボード)へ木目転写、プラスチックへ木目転写)

パウダーコーティング

decoralsystem0013

1000色以上、耐UV性能、画像保護(ひっかき耐性)、高品質

コーティングパウダーは屋外使用が可能で、各種大型インクジェットプリンタ等で印刷した専用フィルムに対応!

decoralsystem0014
マット、光沢、ひっかき耐性、金属光沢、湾曲面対応、蓄光タイプ、蛍光タイプ、抗菌タイプ、その他特殊仕様など各種あり

特殊3Dフィルムとその他のフィルム。各種大型インクジェットプリンタ等での印刷に対応!

decoralsystem0015

熱可塑性フィルム他。平面、複雑な3次曲面などへ。平面用転写紙、3D転写フィルム、高発色で伸縮性の高いフロッキーフィルムあり。

decoralsystem0016

写真右:金属板フレームへ、熱可塑性のある木目調フィルムを合わせているところ。3D熱転写機で昇華転写することで「木目のある、木材のように見える金属フレーム」となる。

拡大図 (穴開き金属フレームに木目調フィルムを転写したもの)

decoralsystem0023

同様に、デジタル写真画像を金属フレームに転写、長期耐候性を持たせることが可能。

大判インクジェット機のデジタル印刷でフロッキー/3Dプリント/転写フィルム/転写紙

decoralsystem0003

木目など1000パターン以上の屋外対応フィルム、特に大量に使用する用途に。

decoralsystem0036

各種フィルム用の熱転写機(各種サイズあり)

decoralsystem0017

3Dフィルム昇華転写用の3Dバキューム転写機シリーズ

decoralsystem0018

2D昇華転写用のMonti転写機シリーズ

decoralsystem0035

デジタル画像施行例

decoralsystem0032

decoralsystem0030

decoralsystem0028

decoralsystem0025

decoralsystem0024

自販機への3D施行例

decoralsystem0027

特殊パウダー:蓄光タイプ

decoralsystem0022

特殊パウダー:蛍光タイプ

decoralsystem0021

昇華転写用とその他用途用のシート各種

decoralsystem0019

各色の屋外用アルミシートと屋内用アルミシート

decoralsystem0020

関連: (株)サンリュウが、Decoral System社の輸入総代理になりました。

 Decoral System社は米フロリダで天然の耐候性試験実施

 


昇華転写で屋外5年保証Decoral System輸入総代理

(株)サンリュウは、昇華転写デジタル印刷物で、屋外5年保証をしているイタリア・Decoral System社と契約締結を行い、日本市場の輸入総代理店になりました。

decoralsystem0001

Decoral社の提供する商品は、下記から構成されます。

1)静電塗装用パウダー
2)インクジェット用昇華転写フィルム
3)昇華転写システム
4)昇華転写用金属板
5)建材用印刷済転写フィルム

http://www.decoral-system.com/joomla/index.php

日本では以前、「屋外耐光3年保証」をして塗装スチール板を販売する会社がありました。しかし、実際の印刷物は、数カ月で退色してクレームになったりしていたようです。Decoral社の塗装板は、3年どころか、5年保証されています。

decoralsystem0003

木目などを印刷した建材は構造物ですから、さらに長い耐光性が望まれます。アルミサッシメーカーが同社技術を導入しているのは、グラビア印刷済み画像を昇華転写させた建材を15年保証しているからです。

decoralsystem0002

これから当社は、HPや展示会で、関連商品と技術の詳細を紹介して行きます。来年のJapanShop展(2016年3月8日~11日、東京ビッグサイト)にも出展予定です。ご期待ください。

→まずDecoral System社カタログに日本語を付けた資料を作成しました。